scawaii

SEARCH

HOME TREASURE感動の初ファンミーティング! ラストにはカムバック予告も。
2021/10/11 CULTURE

TREASURE感動の初ファンミーティング! ラストにはカムバック予告も。

S Cawaii! 編集部

LINE

TREASURE



その後のトークコーナーでは、「未来の自分からメンバーへ」というテーマにそってお互いへのメッセージを伝えることに。DOYOUNGは10年後のASAHIに向けて「前にパリ、韓国、日本に作業室を作ってパリに住むと言っていたので、(10年後は)パリに住んでいるから、会いたいと伝えたい。僕がごはんをごちそうするから早く韓国に来て会おう」とラブコール。それを聞いたASAHIは「(その頃には)曲がたくさんできているはずだから、数曲DOYOUNGにあげるよ」と太っ腹な回答を。HYUNSUKからは、TREASUREのデビュー10周年である2030年8月7日を想定し、MASHIHOへ向けて「僕の人生で最高にかわいいシホ。かわいいのはもちろんだけど、本当に上手なことが多くて、いつも見習うべきところがたくさんある。僕はMASHIHOがいてくれて本当に頼もしいよ。僕たちには身長なんて重要じゃない! 死ぬまでカッコよく生きていこう」とメッセージ。これに対してMASHIHOが「突然成長するかもよ!?」「20歳まで背は伸びるんだから!」と返し、キュートなやりとりが繰り広げられる一幕も。JAE HYUKは5年後を想定してJUNKYUへ「JUNKYUさんは僕のロールモデルであり、一生僕にとってのスーパーマンです。デビュー前に2人でベッドに寝転びながらJUNKYUさんが作ったたくさんの曲を一緒に聴いて、曲を解釈して、鳥肌がたった思い出があるんだけど、JUNKYUさんがいつも話していたように自分の音楽性を思いっきり表現している姿は見ていてすごく気持ちがいいです。僕がいつも横で応援してあげたおかげじゃないですか?(笑)」と話し、JUNKYUは「本当にスーパーマンになれるように努力して、恥ずかしくない兄になるよ!」と約束した。また、デビュー5周年を想定してリーダーのJIHOONへ日頃の感謝の気持ちを伝えたYEDAMには、JIHOONが「いつかYEDAMのボーカルで東京ドームの天井を吹き飛ばしてくれるはず」と期待を語り、「その時までYEDAMと同じチームで仲良く過ごして、ずっとそばで支えたいと思います!」と力強く声をかけた。そんなJIHOONは7年後のHARUTOに向けて「おいHARUTO、Travis Scottとコラボする曲聴いたけど、すごくいいね。どういうこと? 僕もThe Weekendの皆さんとコラボするんだけど、HARUTOの曲もしっかり聞かせてもらったから、(僕の曲にも)フィードバックしてね」と、大型コラボを予言!? これを聞いたHARUTOは笑いながら「JIHOONさんとフィードバックをし合いながら一緒に曲を作っていけたらいいなと思います。愛してます!」と伝え、JIHOONも明るく「僕も愛してるよ〜!」と返答。ほかにも、それぞれのメッセージに12人の個性とお互いへの愛情があふれ、心あたたまる時間となった。

null

後半のステージでは「BOY」「MMM(Rock Ver.)」と、パワフルなダンスナンバーを立て続けに披露! 舞台の上段と下段を利用しながら大人数グループならではのダイナミックなパフォーマンスで圧倒し、TREASUREの真骨頂を見せつけた。そしていよいよイベントが終演に近づくなか、「この瞬間を鮮明に記憶するために写真を撮りましょう!」(YOSHI)と、記念撮影タイムに。オンラインで視聴するファンにも「画面で見ている皆さんも状況がよくなったら今度一緒に写真を撮りましょうね!」(JUNKYU)と声をかけ、約束をかわす姿が印象的だった。

撮影後は「今日のことは永遠に忘れられません。僕たちにTEU-DAYをプレゼントしてくれてありがとうございます」と深々とお辞儀をするHARUTO。続いてメンバーたちもひとりずつコメントし、「こうして初めて近くでTREASURE MAKERの皆さんにお会いして、すごく不思議でドキドキしています。2021年最高のできごとになりました」(YEDAM)、「何よりTEU-LIGHTが目の前に広がっているのが不思議で、夢の中にも出てきそうです。次回もこうして健康で幸せに会いましょう」(DOYOUNG)、「皆さんのおかげで今日はとても幸せでした。これからも僕たちをよろしくお願いします。健康で、幸せでいてください。愛してます」(ASAHI)、「オンラインで見てくれている皆さんも次回また会える日が来たら、声をあげながら一緒にコンサートをできたらうれしいです。その日まで僕たちも一生懸命がんばるので応援よろしくお願いします!」(MASHIHO)、「状況が1日も早くよくなって、よりたくさんの皆さんと一緒に楽しめる日がくるとうれしいです。僕たちまた会えるから、体に気をつけて健康でいてくださいね!」(JUNKYU)と、心からの感謝を伝えた。

こうして挨拶を終えたのち、後ろ髪を引かれながら舞台を去ろうとするメンバーだったが、ここで末っ子のJUNG HWANがステージに寝転がりながらだだをこね、「帰りたくない!」と退場をボイコット。そんな末っ子の様子に「トゥメも(ステージを)お望みなら拍手〜!」(HYUN SUK)、「皆さんもこんなに熱く反応してくれるなら、答えはもう決まってますね」(JIHOON)、「みんなの幸せな1日のために本当にラストの1曲をお届けします!」(JUNKYU)と、デビュー1周年にメンバーたちがファンのために公開した「EVERYDAY」を歌唱。「皆さんのための曲なので歌詞に集中して聴いてください!」というYEDAMの言葉通りスイートな歌詞とメロディーで会場を幸福な空気で包み込み、記念すべき1日をしめくくった。

さらに、全員がステージから去ったあともバックステージの様子が場内のスクリーン上に映し出され、透明のアクリルボード上に手書きのメッセージを書き残していくメンバーたち。「1ST OOOOOOO COMING SOON SEE YOU THERE」という意味深なメッセージが完成し、ファンたちの好奇心を刺激した。HYUN SUKから「年内を目標にカムバックを予定している」といううれしいニュースも発表された今回のファンミーティング。パフォーマンスのレベルの高さはもちろん、メンバー同士の絆やファンへのあふれる愛が感じられる盛りだくさんな内容で、TREASUREの今後がよりいっそう楽しみになるイベントとなった。

null



null
上段:HARUTO、JIHOON、YOSHI、PARK JEONG WOO、ASAHI、JUNKYU
中段:DOYOUNG、MASHIHO、YOON JAE HYUK
下段:BANG YE DAM、CHOI HYUN SUK、SO JUNG HWAN

▼TREASURE GLOBAL OFFICIAL FANCLUB TREASURE MAKER MEMBERSHIP (JP)情報
 詳細はコチラ: https://treasure-official.jp


■TREASURE
●HP: https://ygex.jp/treasure/
●Twitter: https://twitter.com/yg_treasure_jp
CREDIT: Photo_YG ENTERTAINMENT Text_Ryoko Goto(omo!) Composition_Noriko Hata,Haruna Sato

TAGS

#TREASURE #HARUTO #JIHOON #YOSHI #PARK JEONG WOO #ASAHI #JUNKYU #DOYOUNG #MASHIHO #YOON JAE HYUK #BANG YE DAM #CHOI HYUN SUK #SO JUNG HWAN #YG ENTERTAINMENT