scawaii

SEARCH

HOME 化粧水パッティングには注意! 肌にうるおいを浸透させる正解スキンケア法とは?
2020/02/03 BEAUTY

化粧水パッティングには注意! 肌にうるおいを浸透させる正解スキンケア法とは?

S Cawaii! 編集部

LINE

冬スキンケア、抜き打ちテスト!

何年先もキレイな肌でいるためには、正しいお手入れの積み重ねがとっても大事。でも今は、一見肌によさそうでも皮膚科学的には「やってはいけない」美容法がインターネットやSNS上にあふれている時代。情報に惑わされないで正しいお手入れの知識を身につけて、キレイの偏差値をアップしよ♪

お話を聞いたのは…

銀座ケイスキンクリニック
院長 慶田朋子先生
医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。日本レーザー医学会認定専門医。2011年銀座ケイスキンクリニックを開設。最新の美容機器と注入治療をオーダーメイドで組み合わせ『切らないハッピーリバースエイジング』でメスを使わずキレイをサポート。20代のニキビ治療や脱毛、30代のシワやたるみの予防美容、40代以降のアンチエイジングまで、親子3世代で通いたいクリニック。


何度も化粧水パッティング
→実はコレ間違いです!


正しいスキンケアを始めないと30代・40代で差が出ます
スキンケアの基本は「洗う、湿す、守る(光対策)」の3ステップを毎日きちんと行うこと。でも最近は多種多様なスキンケアアイテムが発売されていて、どれを選べばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。さらに、インターネット上では、皮膚科学的に間違ったお手入れや無意味な美容習慣が話題となっているのもよく目にします。やみくもに根拠のないクチコミ美容をとり入れるのはリスキー。肌によかれと思って忙しい中時間や費用を捻出していそしむ美容法がかえって肌に悪影響を及ぼすなんて、これほどもったいないことはありません。年をとってから後悔してもリカバリーするには時間も費用もかかるもの。今の内から正しいケアを継続することで10年先に結果が出ます。ぜひスキンケアを見直してみて。


\先生、なんでいけないの?/
何度も化粧水パッティング
→たたかれたお肌は悲鳴をあげています


美容に熱心な人がやりがちなのが、化粧水を含んだコットンで何度もパッティングをする美容法。でも実は、肌にはダブルのダメージがかかってしまっているそう。

「肌は摩擦に弱いもの。何度もパッティングすることでコットンは毛羽立ち、頑張れば頑張るほど肌に負担を与えます。また、肌は長時間ぬれた状態だとバリア機能が低下する性質があるため逆効果に ……」(慶田先生)

ぬれるとなんでバリア機能が低下するの?って思いますよね。たとえるなら、角層というプールに浮かんでいたうるおい成分たちが、洪水で流されてしまうイメージ。そんな状態でパンパンたたかれたら肌は大ダメージ。肌って思ったよりもデリケートなもの。化粧水を与えるときは、「桃に触れるようにやさしく」が合言葉♪

CREDIT: Photograph_Mitsuru Nishimura Hair&Makeup_Kurumi Komatsu(ROI) Model_Miho Sugimoto Composition&Illustration_Yuriko Isayama

TAGS

#杉本美穂 #美肌 #スキンケア