scawaii

SEARCH

HOME 「じゃあどうやったら愛してくれんだよ〜その1〜」|ミオヤマザキのメンヘラ論 第十回【連載】
2019/12/08 CULTURE

「じゃあどうやったら愛してくれんだよ〜その1〜」|ミオヤマザキのメンヘラ論 第十回【連載】

S Cawaii! 編集部

LINE

こんにちは。「ミオヤマザキ」というロックバンドのボーカルのmioです。

前回は“裏垢”についてお話ししました。

今回は“男女の考え方の違い”について話していきます。

束縛NG、尽くすのNG!男の心はダメダメ尽くし

付き合っている彼氏に対して、「反応が怖くて好きって言えない」「この人、本当に私のこと好きなのかな……?」って思うとき、ありませんか? 

両思いで超幸せなはずなのに、こんな悲しい気持ちになるなんておかしいですよね。
女はそういう淋しさの積み重ねでどんどん心が疲弊していくのに対して、男は気付いてか気付かずか、日々のうのうと生きている。私もこれで悩んだことが何度もあります。

これまでの経験やネットに散らばる情報などを私なりに解釈すると、これって“男女の考え方の違い”が原因なんじゃないかなって思います。

男の習性的に、狙った獲物をゲットできたらそれでもう満足。「今だって安定してるし、関係性を良くしたいなんてモチベーションがない。そもそも好きじゃなかったら付き合ってないし、わざわざ“好き”なんて言わなくても分かるっしょ」ってのが男の本音。
自分の手中に収めた相手には興味がなくなっちゃうから、釣ったくせに愛というエサをやらない無責任な現象が起こってしまうんじゃないでしょうか。

一方女性は、付き合ってから愛が深まりますよね。未来を見据えて、この人と結婚して子どもを作って……というように、どこまでも好きな人との幸せを追い求めます。第4回でもお話ししたように、男女の想いが重なることって、残念ながらほとんどないんです。

「だけどやっぱり、彼に愛されたい!」

そう願うなら、男の“ダメリスト”を守ることが大切。それがこちら。


・安心させたらダメ
・尽くしたらダメ
・好きって言っちゃダメ
・責めたらダメ
・誰かと比べちゃダメ
・全部さらけ出しちゃダメ
・一緒にお風呂入っちゃダメ
・勘ぐったらダメ
・アドバイスしちゃダメ
・束縛しちゃダメ
etc……

ダメダメダメダメの渋滞で、「じゃあどうしたらいいんだよ?」って発狂したくなります。

たとえ女が従順に“ダメリスト”を守って男の理想像になったって、ひょっとするとただの都合のいい女になるかもしれない。それに偽りの自分で愛されたって、結局残るのは虚しさだけですよね。

ねぇ、一体何回私は繰り返してくの?
わかって、ねぇわかって私を

ミオヤマザキ『メンヘラ』


 
共感の声がすごく多い、『メンヘラ』という曲の歌詞の一部です。
女はただ、ありのままの自分を受け止めて、愛してくれたらそれだけで幸せなのにね。

一方、数少ないOKリストは“甘える”ことと“頼る”こと。
(※ただし、彼が求めてるときにだけ、ちゃんと可愛く、いつも笑顔で「ありがとう」が言える場合に限る)

条件付きならOKって、うん、マヂで何様だよ。 

愛されたいなら“彼に向けた”リア充アピールを

幾多あるダメリストですが、ダメな理由は全部一緒。男が安心したら、「大事にしなくてもこの子は俺のことが好きだ」と、あぐらをかいちゃうからなんです。結局、「放っておいたらどこかに行ってしまうんじゃないか?」と思わせるくらい常に男に追わせてあげなくちゃいけなくて、それが唯一女の子の幸せでいられる形なんだと思います。 

友達と遊びに行ったり、仕事に没頭したりして、SNSで充実してる感をアピールする。それを見て初めて、「ちゃんとしなきゃこの子に捨てられちゃうかもしれない!」って男は焦り出すんじゃないかな。“彼にリア充アピール”なんて、マヂで無駄な努力ですけどね。

私たち女は、愛されるために、重い女にならないために、あなたのためを思って愛を分散させてるのに、だからといって浮気するのもダメなんでしょ?
 

じゃあ一体どうやったら私を愛してくれんだよ。

次回は、「じゃあどうやったら愛してくれんだよ〜その2〜」。
片思いをテーマにお話しします。お楽しみに。


— ミオヤマザキ プロフィール —
mio(Vo.)、taka(G.)、Shunkichi(B.)、Hang-Chang(Dr.)の4人組ロックバンド。
mioによる”男性は心拍数が上がり、女性は皆共感する”恋愛の陰を描いた歌詞と、圧倒的なライブパフォーマンスにより「ミオラー」と呼ばれる熱狂的なファンを獲得。
500万DLを突破したゲームアプリ「マヂヤミ彼女」はApp Storeで1位に。さらに、TVドラマ「SHIBUYA零丁目」やTVアニメ「地獄少女~宵伽~」などに楽曲が起用され、10代~20代の女性を中心に支持を広げている。
2017年には日比谷野外大音楽堂でのワンマンを行い、O-EAST、ZeppTokyoなどの大規模ライブハウスを含む全国ツアーでは全公演ソールドアウトを記録。2018年にはパシフィコ横浜での公演を大成功に収め、2019年には日比谷野外大音楽堂・大阪城野外音楽堂2DAYSワンマンを行い、2020年1月11日に横浜アリーナでの単独公演が決定している。

ミオヤマザキ Twitter

【ワンマンライブ】
「私を愛してくれないなら死んで」

公演日:2020年1月11日(土)
会場:横浜アリーナ
特設サイト
http://toilandmoil.co.jp/mioyamazaki/0111yokoari/

【5thアルバム】
「じゃあどうやったら愛してくれんだよ」

発売日:2019年12月25日(水)
通常盤/ふせでぃ盤(ヴィレッジヴァンガード/FC限定販売)
FC限定豪華盤(オフィシャルファンクラブ限定販売)
<収録曲>
M1.Singing
M2.消エナイ
M3.炎上Enjoy
M4.じゃあどうやったら愛してくれんだよ
M5.メンヘラ-2019ver-
M6.FREEDOM
M7.あなた不信
M8.私ノ春
M9.失恋
M10.願事
M11.DAREKA
CREDIT: Illustration_ヤミリシャス Composition_Anco Osita

TAGS

#ミオヤマザキ #メンヘラ