scawaii

SEARCH

HOME もはや「骨格矯正」級! とことん立体感にこだわる韓国美人メイク
2019/08/16 BEAUTY

もはや「骨格矯正」級! とことん立体感にこだわる韓国美人メイク

S Cawaii! 編集部

LINE

最先端骨格矯正Makeであの輪郭を手に入れる!



ヘア&メイク野崎裕子さんが骨格矯正メイクのギモンを大解決!

ギモン 1
いろんな色を使ってるけど、それぞれの効果は?

イエロー >> やんわりとしたハイライト効果
顔全体に白を塗ると昔のギャルになるから、ちょっとハイライトを入れたいときにやわからかい印象のイエローを。

ピンク >> ふわっとやわらかいボリュームが出る
透明感と血色を出せるピンクは、イエローよりもさらにやさしい印象になる。ほどよく強調したい部分に塗って。

パープル >> くすみをとって透明感が出る
くすみや小鼻の赤みを取り払ってくれるから、顔全体のトーンアップ効果あり。沈んで見えるくぼみにも◎。

ブルー >> ボリュームや高さを出せる
パーツや肌のボリューム感をアップさせてくれるから、ほんのり強調したい場所にピンポイントで使うのが正解。

オレンジ >> 血色の悪さや青グマを消してくれる
血色をプラスしてくれるオレンジは青グマが目立って影に見えちゃうコに◎。眉の剃り跡が青いときも使える。

グリーン >> 気になる赤みを消してくれる
小鼻や口まわりの赤み、ニキビ跡などに効果てきめん。透明感も出るから、肌ムラがキレイに整う効果もあるよ


ギモン 2
うまくぼかせないときはどうしたらいい?
のばす感覚でなくたたき込むのが大切。骨格矯正するために塗ってるから、広げすぎないようにその場でなじませて。

\スポンジの部分使いをマスターしよう!/
凹凸のあるパーツはとがった先端を、顔の広いパーツは広い面を、ハイライトは平らな面を使うのが基本!

あご先にはとがったところを使う
目のキワ、小鼻、あご先などの凹凸があるパーツは、先の細い部分がピタッとフィットする。

シェーディングなどの濃い色は広い面を使う
フェイスラインのシェーディングのような、広範囲に塗っている部分は、広い面を使って。

こまかいハイライトは平らな面を使う
ほおやおでこなど広い範囲のハイライトは、平らな面でたたき込んで均一にのばすのが◎。
ダブルラスティング ファンデーションブレンダー 900円+税/エチュードハウス


ギモン 3
シェーディングって濃ければ濃いほどいいの?
濃い色を使えばメリハリが出るのはたしかだけど、ファンデとの色の差がつきすぎると古くさくなるから注意して。

\まずはなじみやすいナチュラルな色からスタートして!/

明るめカラーからトライするのが失敗しないコツ。ナチュラルなハイライトはコンシーラーにも使えるよ。
プレイ 101 スティックデュオ #03 1,600円+税/エチュードハウス


ギモン 4
エラと首の境目ってどうしたらなじむの?

\骨の下までしっかりのばすコト!/

エラから首にかけて薄いグラデになるように、あご下の骨までのばすイメージでぼかし、首との色の差をなくすのがコツ。
CREDIT: Photograph_Shin Chishaki(will creative) Hair&Makeup_Yuko Nozaki Styling_Yumiko Idogawa(Lorimer management+)  Model_Aya Suzuki,Miho Sugimoto Text_Mami Mitani Composition_Asami Funayama

TAGS

#鈴木あや #杉本美穂 #小顔