scawaii

SEARCH

HOME メンヘラ製造機ってメンヘラが作り上げてるの?|ミオヤマザキのメンヘラ論 第四回【連載】
2019/07/13 CULTURE

メンヘラ製造機ってメンヘラが作り上げてるの?|ミオヤマザキのメンヘラ論 第四回【連載】

S Cawaii! 編集部

LINE

こんにちは。「ミオヤマザキ」というロックバンドのボーカルのmioです。
メンヘラってなんでダメ男にハマってしまうのか、考えてみました。

ダメ男を好きになるのか、私がダメ男にしているのか
なんでダメ男ばかりを好きになってしまうのだろうと悩んでいるメンヘラ女子は私以外にも多いのではないでしょうか?

「この人はダメ男じゃない! 今までで一番最高の人に出逢えた。」って毎回思っているのですが、時間が経つにつれてダメ男であることが発覚し、なかなかうまくいかなくなって、やがて別れることになります。

そして別れたあとの、ダメ男とダメ男の間を埋める時期に「この人とだったら幸せになれそうだけど、なんか違う」という人に出会うこともあります。
果てしなく優しくて、無限にわがままを聞いてくれて、深夜でも迎えにも来てくれて、こまめにLINEもくれる。不満はないわけです。でも、なんか違うわけです。
うまく言い表す言葉に巡り合えていませんが、“刺激が足りない”が一番近い表現でしょうか。

そうこうしているうちに、結局またダメ男を好きになるというわけです。

 「いったい何回同じことを繰り返すのか……。もしかしてDNAにダメ男好きの特性でも組み込まれとるんか!?
と自分でも毎度うんざりしております。

しかもダメ男との関係が終わったあとに思い返してみると、好きになったポイントも不満に思ってしまう部分も、別れる理由すらも、なんだか似たり寄ったりです。

そもそもダメ男の特徴っていろいろあります。

・経済的に自立していないし、する気がない
・お金をすぐ借りるのにほとんど返したことない
・ 浮気ぐせがある
・SEXするまで浮気ではないと思っている
・なんならSEXして浮気がバレても「一番大事なのはおまえ」とか言う
・全体的に嘘をつきがち
・時間守らないどころじゃなく日付を間違える
 
まずいですね。元彼の悪口みたいになって、あと100個くらいでてきそうなので、一回ここらへんにしておきます。

この特徴すべてを兼ね揃えていたらその男はもはやただのクズ野郎ですが、
その、“救いようのないダメなところ”と、

痒いところに手が届くように優しかったり、ここぞという時にリードが上手かったり、
欲しい時に欲しい言葉を言ってくれたりする“最高にイイところ”とがバランスよく噛み合って無責任な魅力を醸し出しています。

私を含む多くの女子がその無責任な魅力に絡め取られてしまい、最終的には救いようのないダメなところにお互いが足を取られて破滅していくというわけです。

つまり、ダメ男は、女慣れしてたり、甘え上手だったりして、女が求めているものを与えてくれます。
女が欲しいものを意識的なのか無意識的なのか知りませんが提供できてしまいます。
女はそれに満たされて、付き合うなりセフレになるなり、ハマっていってしまう。

ではなぜ同じことばかり繰り返すのか?という疑問の末にひとつの仮説にたどり着きました。

「好きになった男がダメ男だったわけではなく、私がダメ男にしてしまっている」

つまり、ダメ男と付き合っているわけではなくて、付き合った後に私がダメ男を作ってしまっているからいつも一緒の結末になるということです。

「ヒモでだらしないけど、語る夢は大きくて応援してあげたいし、甘えられるのは嫌いじゃないからついお金を渡してあげちゃう」というパターンもあると思うし、
「何回も浮気するどうしようもない男なのに、経済的にも人間的にも余裕があるからかっこよくて離れられない」というパターンもある。

私がやってあげなきゃ。
私しか理解してあげられないから。
私だから許してあげられる。
って勝手に女の子側が男のダメをよりたくさん引き出しちゃうのかもしれません。

淋しいとか、不安だとか。病んでいる時に私の存在意義をはっきり感じさせてくれる男性が目の前に現れたら、そりゃなびいてしまいますよね……。

ダメ男はO型とイケメンが多い
O型の男性のみなさんごめんなさい。
あくまでも私の経験からですがO型はダメ男が多いです(笑)。

多分、優しくて争いごとが好きじゃないからできるだけ穏便にすませようと考える人が多いのかもしれません。
「うんうん」って話を聞いてくれる人が多いし本当に優しい。
でも、裏を返せば争い事をしたくないだけで、実際にこっちの願望を叶えてくれるかどうかは別で、結局口だけってことが多い気がします(笑)。

そして、やっぱりイケメンにはダメ男が多いように思います。
基本的にイケメンが好きですもん、女の子って。イケメンだから許されてることって少なくないと思います。

本当は、女も男もきっと最初は純粋なはずなのに、イケメンで優しい男に惹かれる女がたくさんいるから、その女に甘えて好き勝手する男が生まれてしまう。
女がイケメンのわがままを許してしまうせいで、イケメンがダメ男となっていってしまう傾向にあるのかもしれませんね。

しかも男の人は自分が射止めたいと思った女性がいたら、射止めるまではめちゃくちゃ頑張ってくれます。
捕まえるところまではとても優しくするし、頑張るけど、付き合えたら冷める一方ってのがあるあるパターンです。

それと反比例して付き合い始めると女の“好き”はどんどん増していってしまう……。

もうとにかくこれだけは言いたいんですが、女は育てたいんです、愛を。
でも、男は捕まえるまでがピークだから、どうしても愛情の重さが一緒になることはないんです。

今まで優しかったものがなくなることで、女は不安になっていき、メンヘラモードに入っていく。という構図だと思うんですよ。あったものがなくなると不安になるから。

同じことするだけやろがい!って思います。
今まではできていた、“好きだよ”って言ってくれることとか、そっと手をつないでくれることとか、毎晩SEXすることとか。
それが一気になくなるから、今度は「他に好きな人ができたのかな」とか勘ぐり始めてメンヘラが加速していくんです。

最近ではこんな冒頭からはじまるバラードを書きました。共感してくれる女性が本当に多い曲です。

 愛する度に死にたくなる
 もう二度と愛したくない
 ねぇ、出逢った頃の二人は何処?
 隣にいても独りな気がして 苦しかった

ミオヤマザキ『溺死』

イケメンO型にダメ男が多いという暴力的で一方的な仮説をお伝えしましたが、
私がいいたいことは「ダメ男につかまるな」ということでもなく、「ダメ男を作るような女性であるな」ということでもありません。

ゲームのように始まってしまった恋だったとしても、女性にとってはすごく大切な人生のひと時である。
ということを男性(特に女をないがしろにするダメ男)に知ってもらいたいなと思っています。
最近起きた歌舞伎町の事件も男女の愛情の掛け違いが暴走して発生してしまった悲しい事件のような気がしてなりません。

男性にとっての「付き合う」というゴールは、女性にとっては「付き合う」というスタートなんですね。
あなたと二人で、“街で見る手をつないで歩いているおじいちゃんとおばあちゃん”に、なりたいって女性はいつも憧れているんです。

この記事を見ているO型の男性のみなさん、そしてイケメンのみなさん。
いま付き合っている彼女と付き合いはじめた時のことを思い出して、少しだけでも「あの時やっていたこと」を「めんどくさい」と切り捨てずにしてあげてくださいね。

彼女のメンヘラモードに入る頻度が少し下がるかもしれませんよ!

次回はダメ男について、パート2。女のダメ男から抜け出させない理由をもう少し掘り下げます。

— ミオヤマザキ プロフィール —
mio(Vo.)、taka(G.)、Shunkichi(B.)、Hang-Chang(Dr.)の4人組ロックバンド。
mioによる”男性は心拍数が上がり、女性は皆共感する”恋愛の陰を描いた歌詞と、圧倒的なライブパフォーマンスにより「ミオラー」と呼ばれる熱狂的なファンを獲得。
500万DLを突破したゲームアプリ「マヂヤミ彼女」はApp Storeで1位に。さらに、TVドラマ「SHIBUYA零丁目」やTVアニメ「地獄少女~宵伽~」などに楽曲が起用され、10代~20代の女性を中心に支持を広げている。
2017年には日比谷野外大音楽堂でのワンマンを行い、O-EAST、ZeppTokyoなどの大規模ライブハウスを含む全国ツアーでは全公演ソールドアウトを記録。2018年にはパシフィコ横浜での公演を大成功に収め、2019年には日比谷野外大音楽堂・大阪城野外音楽堂2DAYSワンマンを行い、2020年1月11日に横浜アリーナでの単独公演が決定している。

『ミオヤマザキ5周年ワンマンスレ』 
2020年1月11日 神奈川・横浜アリーナ 
横浜アリーナ公演に向け"12000人に逢いに来てもらう前に、12000人に逢いに行く"というテーマのもと敢行される47都道府県完全無料ワンマンツアー『2020年1月11日ミオヤマザキ横浜アリーナやるってよ。』 が6月からスタートしている。

— ミオヤマザキライブ情報 —
■2019/8/11『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』

■Zeppツアー2019
2019/11/9 Zepp DiverCity
2019/11/23 Zepp Osaka Bayside
2019/11/24 Zepp Nagoya
2019/12/1 Zepp Fukuoka

■2020/1/11 横浜アリーナ単独公演
CREDIT: Illustration_Tsuboyuri Composition_Mayuko Ishimura

TAGS

#ミオヤマザキ #メンヘラ

RECOMMENDED

おすすめの記事