scawaii

SEARCH

HOME 眼球以外韓国産の敏腕女社長ありしゃん(後編)/私が整形した理由 第1回【連載】
2019/05/19 CULTURE

眼球以外韓国産の敏腕女社長ありしゃん(後編)/私が整形した理由 第1回【連載】

S Cawaii! 編集部

LINE

コンプレックスだらけの女たちが整形して人生を変えたサクセスストーリーやその術式を紹介する連載「私が整形した理由」。第1回は、眼球以外韓国産のありしゃんにインタビュー。 【前編】では総額850万円をかけた整形内容やその理由をご紹介。後編ではカミングアウトの理由や整形して変わったことを聞いてきました。


ーなぜ整形をカミングアウトされるようになったのでしょうか?
ありしゃん:整形に対する考え方が変わったのが1番の理由ですけど、日本の韓流ブームをみていく中で私、2018年から整形ブームが日本にも来るなと思ったんですよ。そしたらみんなが整形しだすじゃないですか? でも安易に手を出してほしくないなと思ってカミングアウトすることにしたんです。やっぱ同じふうに失敗してほしくないし、メンタル面もキツイですしね。私が発信することによって「この顔のままでイイヤ」って整形を諦める人もいるだろうし、それだけの覚悟を持って整形に踏み切る人もいるだろうし。その自分が何か発信したことによって世間の整形の見方が変わるだろうって思ったんです。

―整形をおすすめするのかと思いきや、そこは冷静なんですね。それはなぜでしょうか?
ありしゃん:私、今YouTubeに力を入れているんですけど、私の動画って結構壮絶な感じで編集しているんです。「整形はこれくらい辛いし、こんなに腫れるよ」っていうのを全部隠さずに出してるんです。整形ってやらなくてもいい人がやりすぎちゃう麻薬みたいなとこがあるんですよ。それを止めたくて。あとは、初めて整形した人たちのダウンタイム中の不安を取り除くために作っているところもあります。ダウンタイム中の「ずっとこの顔だったらどうしよう」っていう不安や今まで気が付かなかった顔の左右差や鼻が上に上がってるような感覚。「それ気にし過ぎだから」っていうことを教えてあげたくて。私が想像するに日本で過ごすダウンタイムは、きっと出かけられなくて暇だろうし外見を気にしてるから整形しただけあって鏡をじっくり見がちなんですよ。でも寄りで見てもアラ探しが得意になるだけでイイことなんて1つもない。ただ無意味な整形を繰り返すだけ。それを止めたいんですよね。



 ―なるほど。ちなみにご自身は、整形をしたことでコンプレックスやナゾな外見に対する不安は解消されましたか?
ありしゃん:うーん。難しいですね。顔が変わったからといって、それで自信がつく人もいると思うんですけど、私はそんなことはなかったです。顔を変えたから「私めちゃくちゃカワイイでしょ?」とも思わないですし。それに大変な手術をすればするほど周囲の声に敏感になった気がします。大変な思いをしたのに「前の方がよかった」とか何事?みたいな。100人にカワイイって言われても1人が変って言ったらそれが目立って聞こえちゃうんです。

―整形したら自信が付くわけじゃないんですね。でも、その自信のなさやコンプレックスが事業を成功させたりカワイクなるための原動力となっているのかも知れませんね。
ありしゃん:そうかもしれません。というか整形する子って努力家だと思うんですよ。ダイエットもやってきてメイクも研究して、ありとあらゆることをやってきて整形にたどり着く子が多いと思うんです。だから安易に整形に手を出さないでっていうのは、そういう「みんなの努力を踏みにじらないで! バカにしないで! 」てきなところもあって全部やり尽くしてから最終的に糸を使ったりメスを使ったりする整形をしてほしいかなとも思います。

null
―ありしゃん自身、大きな手術をする予約をした日から、ダウンタイムが終了するまでの間どんな気持ちでしたか?
ありしゃん:もう、すごいですよ。おそらく今「整形したい」って思ってる子の大半は予約までに繋がらないと思うんですけど、私の場合は、予約したら引き下がれない! もうそうなったらキレイになったときのことだけを考えて生活するようにしていました。じゃないと怖くてメンタルがもたないです。「綺麗になったらこの服着よう」とか「このメイクして写真撮ろう」とか前向きに考えないと気持ちが凄い落ち込んじゃって、怖くなってきちゃうんです。「後遺症がでたらどうしよう」とか「このまま腫れが引かなかったらどうしよう」とか予約をしてから完成までネガティブなことを考えたらキリがないですからね。

―壮絶ですね。ダウンタイムが終了した後は、どんな風にご自身が変わったとおもいますか?
ありしゃん:整形する前までは服とかものとかにお金をかけなくて自分自身の顔を変えることだけに執着していたんです。「この服や髪型は私の顔には絶対合わない」とか思っててメイクだけに力を注いでいたんです。だけど整形してある程度自分の中で落ち着いた時に、この服に挑戦してみようとか、細かいことをいうとお風呂でキャンドルを焚いてみたりとかなんかそういうところまでキモチの余裕が生まれてきました。あとは周りの反応ですね。「カワイクなった」と言われるんですけど自分が思うほど、みんなが昔の私の容姿を気にしてなかったんだなって気が付くことができました。


―周囲の反応を得て、整形そのものに後ろめたさを感じることはありましたか?
ありしゃん:骨を削ったときだけはありました。やっぱり死ぬときって骨になるじゃないですか。生まれたままの姿じゃなくなるわけで、その時だけは親の顔は思い浮かびましたね。それにダウンタイム中も骨の時だけは泣きましたね。今までそんなことはなかったんです。ずっと前向きなことばかり考えていて。でも骨を削って包帯を巻いてた時は「とうとう骨をやってしまったな」って自分で思ってしまって何をしてるんだろうって一瞬思いました。自分が思うほど、みんなは気にしてないはずなのに、どうしてここまでやったんだって思って寂しい気持ちになりました。これをしたからっといって次の日に何かが劇的に変わるわけじゃないし、ようは自分の頑張りようじゃないですか。その時に世の中って顔が全てなのかな?とか色々考えて悲しくなってしまいました。

―よく復活されましたね。きっかけは何だったのですか?
ありしゃん:それはみんながYouTubeで評価してくれたからだと思います。自己評価が低かったぶん、まわりの人の優しい言葉に助けられました。私はとっても運がよかったんだと思いました。

―大変でしたね。改めて聞きます。顔を変えて良いことと悪いことは?
ありしゃん:良いことは自分に余裕ができたこと。人にも優しくできるし気持ちに余裕ができました。悪いことは直した部分を人から指摘されると直す前より気にしちゃうこと。やっぱりダメだったのとか。

―整形はズバリお勧めしますか?
ありしゃん:やりすぎは良くないと思います。自分の顔って世の中に1個しかないじゃないですか。整形を成功しても失敗しても。その顔ってずっと一緒に過ごさないといけないわけで安易にお医者さん決めたり整形しようってなった時に後悔してからだと遅いんですよ。だからそれなりの覚悟とリサーチをして、その先もその顔で良いのかっていう将来のことも考えないと絶対に後悔します。整形の成功や失敗は、結局自分が決められることだと思うんです。鼻が上をむいてるデザインが好きな人もいれば矢印鼻になりたい人もいる。だから本当に自分がこの顔で一生良いのかっていうのを考えないと、成功した顔も失敗だと思いこんじゃうと思うんです。

―ちなみに生まれ変わっても自分になりたいですか?
ありしゃん:はい! 整形前からの自分で大丈夫です。やっぱりコンプレックスがあったから今があるわけですし。それに何に対しても負けず嫌いな性格は、自分の好きなところでもあるので。あと自分の顔が好きなんです。私が整形する時に絶対しないことが一つだけあるんですけど、それは誰かの写真を持っていくこと。「こんな顔にしてください」って言ってる人もいるんですけど、それって絶対その顔にならないしパーツの配置も違うから、整形後に違和感しか残らないと思うんです。理想と現実は違うから、なりたい顔を持っていくんじゃなくて「今どこを直したら自分の持っているポテンシャルで最大限に綺麗になれますか?」っていう言い方で私は先生に相談するようにしてます。

―なるほど。今後はどこかを変えたいとかはありますか?
ありしゃん:今のところはないですけどアンチエイジングはしていくと思います。

―実際に整形後のメンテナンスみたいなものってあるんですか?
ありしゃん:メンテナンスはないですね。というか整形したから、たるむとかはなくて。年を取れば、整形した人も普通にたるみます。もともと整形する人は顔に執着があるからちょっと垂れたなっていうことに敏感なだけで、その方法としてアンチエイジングをするっていう感覚だと思います。



―将来の不安とかありますか?
ありしゃん:今のところはないですけど、いずれ結婚はしたいです。ただするなら必ず男の人を選ぶ時にDNAで見ちゃうようになりました。子供産んだときにこの人だったら結構かわいい子供が生まれるかなって。自分と同じ思いをして欲しくないじゃないですか。だからハーフの人とか見ちゃいます。

―将来の旦那さんまたは彼氏に整形のカミングアウトをする予定はありますか?
ありしゃん:もちろんします。今までの彼氏も実際にしてきましたし、どうも思ってない人が多い印象です。というか整形で引くような男性とは結婚したくないです。

―ちなみに、今まで行ってきた整形手術で失敗したなと思うものはありますか?
ありしゃん:目の埋没とこめかみのヒアルロン酸と胸のヒアルロン酸は最悪でしたね。初めて整形した目の埋没は即効取れてしまったし、好きなデザインじゃなかったこと。つぎにこめかみのヒアルロン酸は頬骨がすごく出てたんでここを膨らませば頬骨が緩和されるかなと思ったので大量に入れたんですよ。すっごいお金も高くて時間もめっちゃかかってたのにヒアルロン酸のアレルギーが出てしまったんです。それでしばらく高熱が出ちゃって最悪でした。でも、そういう人って結構多いらしくて、そうなると溶かさないといけないんですね。それに押すと痛いしなんかしょっちゅう体調悪くなってました。あとは胸のヒアルロン酸はとにかく痛いんですよ。ずっと。硬いし触ったらもうすぐわかります! それで胸のヒアルロン酸は抜いて、脂肪を注入しました。



―胸に入れたヒアルロン酸を抜くってどうゆうことですか!? とっても痛そうですね。
ありしゃん:ヒアルロン酸を抜くときって注射器みたいなものでかき回すんですよ。それで傷ついたというか将来的に授乳とかは影響ないんですけど、寝そべるときに痛いんです。あと触ると、なにかあるっていうのはあります。

―大変なんですね。最後に昔の一番コンプレックスで病んでた時の自分に戻ったっらなんて声をかけますか?
ありしゃん:そのコンプレックスが、いつか自信に変わる日が来るよ。だから自分が選んだ道を胸張って突き進んで! と伝えたいです。

―ありがとうございました!

外見を変えたことで内面までも変わった強い女たちをピックアップし紹介する連載「私が整形した理由」第1回、ありしゃん編は、いかがでしたでしょうか? まわりの目を気にしたところで何もイイことはありません。1度きりの人生。自分の選択に自信をもって我が道を進めれらるとイイですね! 次回は、湘南美容外科クリニックが主催した「第2回 整形シンデレラオーディション」に出場しセミファイナリストを受賞し話題となった山田麗さんを取材。お楽しみに!

TAGS

#整形

RECOMMENDED

おすすめの記事